子供の通学のための防犯グッズ紹介

通学  防犯

小学校に上るまでは親や通園バスなどによって送り迎えされていた子供ですが、小学生になると子供だけで歩いて登下校するというのが一般的になります。子供の場合は親がどれだけ注意するように言っても自分の興味のあるものに気を引かれるため、知らない人にも簡単について行ってしまう場合があります。安全対策でどこの学校でも集団登校を行っていますが、どうしても通学路の中で単独で歩かなければいけない箇所ができてしまうのは仕方ないため、もしものための防犯グッズは子供に持って行ってもらいたいと考えるのが親の切なる気持ちでしょう。学校だけではどうしても登下校時の対処は難しくなってしまうため、後は親がどうすれば子供の身の安全が守れるのか、よく考えて準備をしておく必要があると言えます。

通学で使う道を歩いて危険な箇所をピックアップしておく

学校から自宅までの通学路はある程度固定されるため、同じ道路を使用するようになります。そこで事前に親が登下校で使用する道路を歩いてみて、どこが危険なのか把握しておくと、防犯のためにとても役立つでしょう。これはハザードマップといって学校でも独自に作成しますが、自分の家族用に個別に作っておけば、何かあった場合に探す場所が限定できるので探しやすくなります。子供の場合は犯罪に巻き込まれなくても車両によって危険な目に遭遇しやすくなるため、車両の通行が多く確認が難しい場所は調べておいて、子供にも特に注意するように言ってあげて下さい。そして薄暗くなると子供のように体格が小さいと車両からでは見えにくくて死角になることがあるため、蛍光テープなどでカバンや服に反射材を多めに付けるようするといいでしょう。

不審人物に対して子供でもできる防犯グッズを持たせる

子供が犯罪に巻き込まれ報道されることはとても多く、社会的にも警戒心が高まっていますが、どうしても撲滅することができません。子供のように注意力が低く走って逃げるのも遅いのであれば、大人の不審者に対しては無力に近くなってしまいます。そこで防犯ブザーはほとんどの子供が所持するようになっていますが、それと併用してホイッスルを常に携帯しておくのもいいでしょう。ホイッスルの場合は子供も使い方はわかりますし、音も大きくて気づきやすくなっています。しかも普段ではホイッスルの音を聞く機会はあまりないため、注目を浴びやすくなっています。値段的にも安く、それでいて電池などが必要ないので、用意しやすいと言えます。不審者にとっては大きな音を特に嫌がるので、子供には複数の大きな音の出るものを用意してあげて下さい。