子供たちが楽しく安全に通学するために学校ができる防犯方法

通学  防犯

子どもたちが通う通学路は安全でなければいけませんが、現実は様々なリスクがひそんでいます。登下校の途中で子供が不審者に声をかけられたり手を掴まれたり追いかけられたりという話は、枚挙に暇がありません。他にも車に轢かれたり、自然災害に巻き込まれるというようなリスクもあるでしょう。もちろん子供自身が自分で自分の身を守らなければいけないわけですが、心身ともに未発達な段階の子供に防犯上の全ての責任を押し付けるというのは無理な話です。そこで周囲の大人たちが、しっかりと子どもたちを見守って不審者が子供に害を及ぼさないようにしないといけません。その際、やはり学校の役割というのが大きなウェイトを占めてきます。子供たちが安全に楽しく登下校するためには、学校の取り組みが必要不可欠になります。

子供への教育・啓発活動が一番大事

通学路での防犯対策として学校が真っ先にやるべきなのが、子供たちへの教育・啓発活動です。不審者のターゲットになりやすい小学校の低学年の児童は、やはりまだまだ何も知らない段階ですから、きちんと丁寧に繰り返し犯罪に巻き込まれないようにするにはどうするべきかを教えなければいけません。例えば、「知らない人には何を言われようがついていかない」なんてことは、大人にとっては当たり前のことでも、純粋無垢な子供にとっては当たり前ではなかったりしますから、なぜついていってはいけないのかちゃんと丁寧に教えるべきです。近年、子供に防犯ブザーをもたせる親御さんも増えていますが、持たせていない家庭も少なくありません。家庭によってバラつきがあるのは問題なので、学校側でブザーを配るというのも悪くないでしょう。

安全な通学路を確保する取り組み

登下校中に児童たちが誘拐などの犯罪に巻き込まれるのを防ぐためには、安全な通学路を確保するための取り組みが欠かせません。まずは危険な箇所がないかを、実際に道を歩いたりして徹底的に洗い出すことが必要です。人通りが少ない場所や街灯がなくて暗い場所などをピックアップし、そのようなところはなるべく通らないように道を改変したりすることも必要でしょう。また教職員をはじめPTAや地域の方たちも参加して、パトロールを実施することも大事です。パトロールをする際は、ユニフォームのようなものを着て、パトロールしているという事をしっかりアピールすることが重要です。警戒監視に力を入れているということがアピールできれば、不審者も手を出しにくくなるでしょう。他にも集団登下校の実施やスクールバスの運行なども有効です。