親ができる子供の通学のための防犯とは何か

通学  防犯

子供が学校にあがる時には今までと違い親が学校まで連れていくケースはあまりありません。通学班で学校まで行くことになりますが、親も可能なかぎり子供たちの安全を考えた登校をしてほしいと考えています。そこで、親としてはいったいどのような安全対策を考えることができるでしょうか。防犯の対策は、大人が良く考えて事前にしっかりと準備を施しておけば、悪い人が近づいていくことはまずなくなります。ただ、やみくもに親が後からつけていくわけにも行きませんので、その辺は子供の自主性に任せなければならないところです。つまり親としても、対策をするに当たり学校に行く前の段階で何らかの対策を施しておく必要があるでしょう。では具体的にどのような方法があるかを見ていきましょう。

防犯用ブザーを子供につけさせる

最近は、通学途中に悪い人に出会わないために防犯ブザーを義務化している学校も少なくありません。このブザーは、どのようなものかといえば子供でも扱える簡単なものになります。ブザーに紐が付いており、そのひもを引っ張ると非常に大きな音が鳴るのが特徴です。これを利用すれば、周りの人に知らせることができますので、非常に有意義と言えます。実際にそれを付けている子供がいるならば、悪い人も近づいて来ないでしょう。とはいえ、それだけでは不十分です。そもそも、子供がしっかりと使うことができるのかまで考えておかなければなりません。いざ、使おうと思ってもどこにブザーがあるのかわからなければ意味がありません。そこで、ランドセルの目立つところ、引っ張りやすいところにつけてあげることが重要になります。

通学で親が見守ることも大事になる

子供の安全を考えるならば、通学路のところに大人が立っていた方が安全性は一気に高まります。そこで、毎回同じ人が立つことができるならば、その人にお願いをして重要ポイントに立ってもらう必要があるでしょう。ただ、毎回同じ所に立っていると、悪いことをする人もその場所をわざと避けていくことになりますので、あまり意味がありません。自動車にひかれることを防止する場合にはそれでもよいかもしれませんが、そうでなければ毎回違う場所に立っていた方が安全性は高くなります。もし可能ならば、保護者が100mおきぐらいに立っているとよいでしょう。これらは、うまく大人の中で話し合うことで実現することが可能になります。実際に、日本中を見回すとそのようにしている地域も少なく有りません。