通学の安心安全を守るための防犯サービス

通学  防犯

通学路には交通トラブルや不審者などの危険がいっぱいです。学校の先生や親御さんなどが、子供を見守るために路上に立ったりするなどの取り組みもなされていますが、それで万全かというとやはりそうではありません。子供を見守るための地域での取り組みなどは大事であって、これからも続けていかなければいけませんが、すべての子供をカバーするというのは不可能な話で、かならず死角が出てきてしまいます。そして虎視眈々と子供を狙う不審者などは、そういう死角を突いて犯行に及ぶことが多いものです。地域の取り組みなどではカバーできない死角は、民間会社などで提供している防犯サービスなどで埋める必要が出てきます。これを利用することで、子供はより安全に学校へ通うことができるようになるでしょう。

ボタン一つでセキュリティ会社に通報できるサービス

通学での犯罪抑止に役立つアイテムとして有名なのが防犯ブザーで、実際に利用している人も多いですが、このブザーを持っているから絶対に安全かというとそうではありません。ブザーは音がなるだけなので、周囲に人がいなかったりするとあまり効果を期待できないこともあります。民間のセキュリティ会社では、携帯端末のボタンを押せばガードマンが駆けつけるというサービスを提供しているところもあります。このサービスとブザーを併用すればかなり強力になるでしょう。またこの端末はGPS機能も備えており、位置情報をパソコンやスマートフォンでチェックすることもできるので、子供がちゃんと登校・下校しているかを簡単に知ることができ便利です。人通りが少ない道を通らざるをえないようなお子様がいる方などは利用してみる価値はあるかもしれません。

電車で登下校している人におすすめのサービス

電車で通学している人におすすめの防犯対策サービスがあります。改札を通るためのICカードに通知機能を持たせたものが出ており、それを利用すれば子供が駅に着いた時に、メールで親御さんのスマートフォンなどにメールを送信することができます。改札を通過するごとにメールで連絡が届くので、自分の子供がちゃんと通学できているかどうかチェックできて便利です。駅に子供を迎えに行くときにも、このサービスは便利といえるでしょう。出発駅の改札を通った段階で迎えに行ったりすれば、お互いに待たされることも減ります。このサービスは、そんなに高くない料金で利用できるので、電車で通っているお子さんがいるなら是非とも利用したいところです。携帯電話をもたせるのは別の意味で不安などという場合は、このようなサービスを使うのがベストかもしれません。