• トップ /
  • マンションリノベーション失敗談

マンションのリノベーション

マンションのリノベーションの失敗を防ぐためには、リフォーム業者の選び方が重要になってきます。評判が良いリフォーム業者は施工技術が優れており、まるで新築のように美しく改修工事をしてもらえます。評判が悪いリフォーム会社は手抜き工事を行う恐れがあるので、十分に注意することが必要です。マンションのリノベーションの失敗を防ぐことにより、美観と居住性、利便性が向上して資産価値も高まります。全面的な改修工事は10年から15年毎に施工することが望ましく、定期的に大規模修繕工事を行うことによって、建物の寿命を延ばすことにつながります。

築年数長いリノベーションはお得

最近注目され、人気が高い物件のジャンルに流行の内装や設備に作りかえたリノベーションマンションがあります。リフォームとよく似た意味合いにとらえられることが多いのですが、リフォーム物件とは意味合いが異なります。というのは、リフォームが物件を新築当時に戻す工事であるのに対して、物件の趣をがらりと替えることを目的にしているからです。築年数の長いマンションでも、新築の現在の流行の内装や設備になっているのが特徴です。築年数の長い物件は家賃が安い一方で老朽化・デザインが古いといったイメージがありますが、そのイメージを一掃するのがリノベーション物件です。

↑PAGE TOP